ゴジラ・モスラ・メカゴジラ…あの大怪獣たちが目の前に! 「特撮のDNA展」7/14(土)から兵庫県・明石市で開催。

兵庫県・明石市立文化博物館では7月14日(土)から、日本が世界に誇る特撮の造形面に着目した展覧会「特撮のDNA展-平成に受け継がれた特撮“匠の夢”-」が開催されます。

 観覧料は、当日券が大人 1,000円、大高生 700円、中学生以下無料。前売券は、大人 800円、ペア 1,300円(税込)。

 特撮作品も、現在はCGを駆使した映像が中心ですが、それ以前はミニチュアや映像トリックを用いた作品が主流でした。

 「特撮のDNA展」では、かつての特撮作品に登場する怪獣やヒーロー、乗り物、兵器などの造形面に着目し、匠の技にスポットを当てます。

 展示のほかにも、「ゴジラvsビオランテ」「ゴジラvsキングギドラ」などを手がけた大森一樹監督のトークショーや、「ゴジラvsメカゴジラ」「モスラ」をはじめとした多数の怪獣映画で造形チーフを務めた造形師・若狭新一さんのギャラリートークも開催。

 すべてが“手作り”だったモノクロ作品の初代「ゴジラ」。ゴジラの皮膚感やギロリと地上を見下ろす目、熱線で鉄塔が溶けるシーンや瓦が飛ぶシーン、建物の汚れなど、いま改めて見ても驚かされます。

 特撮ファンなら、怪獣映画で受け継がれてきた匠の技に着目した「特撮のDNA展」は、関西在住ならずとも見に行きたいところ。

 なお、大森一樹監督のトークショーは往復はがきで事前に申し込む必要があります。締切は7月31日(火)必着。希望者多数の場合は抽選となりますが、観覧希望の方は早めの申込みをおススメします。


「特撮のDNA展」開催概要

<会期>
 7月14 日(土)~ 9月2日(日) ※会期中無休

<開館時間>
 9時半~18時半(入館は18時まで)

<会場>
 明石市立文化博物館1階特別展示室及び2階ギャラリー

<観覧料>
 当日券:大人 1,000 円、大高生 700 円、中学生以下無料
 前売券:大人 800 円、ペア 1,300 円 ※7月13日(金)まで販売
  ※20名以上の団体は 2割引、シニアいきいきパスポート提示で無料
  ※65歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示の方(介護が必要な場合は介護者も)は半額

<主催>
 明石市立文化博物館、産経新聞社、神戸新聞社

<協力>
 東宝株式会社、株式会社ドリーム・プラネット・ジャパン

<特別協力>
 西村祐次氏(M1号)、若狭新一氏(MONSTERS,INC.)

<企画制作>
 「特撮のDNA」展 実行委員会


トークショー&ギャラリートーク

 併催されるトークショーおよびギャラリートークの入場は高校生以上となります。また、各イベント参加には当日の「観覧券」が必要。

【造形師 若狭新一氏ギャラリートーク】

 日時:7月15日(日)11時~、14時~
 定員:各回30名  ※当日先着順

【監督 大森一樹氏トークショー「1990年代のゴジラ」】

 日時  :8月12日(日)13時半~15時
 場所  :明石市立文化博物館2階大会議室
 定員  :80 名 ※事前申し込み制、応募多数の場合は抽選
 申込方法:往復はがきに「イベント名、参加者全員の氏名、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加人数」を明記し、〒673-0846 明石市上ノ丸 2-13-1 明石市立文化博物館まで。締め切りは、7月31日(火)必着

【ギャラリートーク】

 日時:7月21日(土)、28日(土)、8月18日(土)、25日(土)の各日14時~
 講師:館長(7月28日、8月18日)および同館学芸員(7月21日、8月25日)
  ※当日自由参加、展示のみどころなどの解説が聞けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これ行きたいなぁ!
写真撮り放題らしいし!!
展示物がなんなのか…神戸まで行って肩透かしはかんべんしてほしいけど、事前にその筋の人に聞くと楽しみが無くなるし…
c0197940_17070641.jpg

by gadem | 2018-08-03 17:10